ココロのデトックス

大人の塗り絵でココロのデトックス

デトックスで変えようココロ&カラダ】管理人の”たけ”です

大人の塗り絵が静かなブームになっていますね。


書店ではいろんな種類の塗り絵の本があってどれがいいのか
迷います。
むかし懐かしい「きいちの塗り絵」、ヨーロッパの香り
高い「アルフォンスミュシャの塗り絵」、ステンドグラスの
ような「マンダラ塗り絵」などがありますね。


ストレスを毎日溜め続けるとしまいにはカラダが掃きだす
ことができなくなってしまい「病気」につながることは
七情の乱れを正すでお伝えしましたが

どうもおとなの塗り絵には日常のストレスを溜め込まないよう
にさせてココロをリラックスさせる作用もあるようですよ。


適度な集中が必要なことと色を選ぶ過程で、精神医療でいう
絵画療法のような癒しの効果がでているようです。


少し単調に見える色を塗るという行為に集中することで脳が
活性化し、少しの時間でも日常のストレスある生活を忘れて
しまうため、ココロのなかに溜まったストレスを少しづつ
解放してゆくことが出来るらしいです。




もう、これならばりっぱなココロのデトックスですね。



あったかいミルクティーでも飲みながら
あなたも、さっそく試してみてはどうですか。



さあ、デトックスライフの一歩を踏み出しましょう!

デトックスで変えようココロ&カラダ】がお伝えしました。

毒素はどこに溜まるか?

有害金属【アルミニウム】はどこに溜まってしまうのか?

デトックスで変えようココロ&カラダ】管理人の”たけ”です
有害金属はどこに溜まる?

デトックスの対象である有害金属はこんなところに溜まります。


アルミニウムは骨、皮膚、脳に蓄積しやすい。
アルミ製調理器具、アルミ缶などから体内に取り込まれる。
アルツハイマー病との関連については否定的見解がだされて
いるがいまだ検証中である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
より抜粋引用

アルミニウム

アルミニウム(英 Aluminium, 米 Aluminum, )は原子
番号13の元素である。元素記号はAl。略してアルミと言う
こともある。

単体は常温常圧では良い熱伝導性・電気伝導性を持つ金属。
融点 660.2 ℃、沸点 2060 ℃(2467 ℃、2400 ℃という
実験値あり)。比重は 2.7 g/cm3 で、金属としては軽量で
ある。常温では面心立方格子構造が最安定となる。
酸やアルカリに侵されやすいが、空気中では表面に酸化膜が
でき、内部は侵されにくくなる(不動態)。

・単体の性質
アルミニウムは両性金属で、酸にもアルカリにも溶解する。

・生産
アルミニウムはボーキサイトを原料としてホール・エルー法
で生産されるのが一般的である。
ボーキサイトを水酸化ナトリウムで処理し、アルミナ
(酸化アルミニウム)を取り出した後、溶融し電気分解を行う。
したがって、アルミニウムを作るには大量の電力を消費される
ことから「電気の缶詰」と呼ばれることもある。

コスト競争に弱い日本国内のアルミニウム精錬事業は、
オイルショック後採算困難になり、大部分は国外に拠点が
移った。現在、日本国内で原石(ボーキサイト)から製品まで
一貫生産を行っているのは、自前の発電所を有する
日本軽金属のみである。

ボーキサイトからアルミニウムを精練するのに比し、
アルミニウム屑からリサイクルして地金を作る方がコストや
エネルギーが少なく済む。そのため、回収された空き缶等を
リサイクル原料とし、電気炉等を用いる形態で再生する
ケースは徐々に増えている。

アルミニウムの生産量は2002年時点で2574万トンに及ぶ。
中国が約 1/6 を生産し、これにロシア、カナダ、アメリカを
加えた4カ国で生産量の過半数を占める。中国、ロシア、
アメリカはボーキサイト原産国でもある。
他のボーキサイト原産国であるオーストラリア、ブラジル、
インドも世界生産量のシェア10位以内に含まれる。


・用途
アルミニウムは軽く、加工が楽であり、さらに表面にできる
酸化皮膜のため耐食性にも優れていることから、一円硬貨や
アルミホイル、アルミ缶、アルミサッシ、電車や自動車の
車体など、様々な用途に使用されている。
大抵はアルミニウム合金であり、アルミニウム 100% のもの
はむしろ稀な存在である。主な合金にジュラルミンがある。


・化合物

酸化アルミニウム - 通称アルミナ。モース硬度が 9 と高く
研磨剤として利用される。サファイアやルビーもほぼ同じ
組成である。なお、その軽さから航空機の機体素材などにも
多く用いられたが、強度の問題により近年はこれらの用途は
炭素繊維にとってかわられつつある。

・歴史
1807年 - イギリスのハンフリー・デービーは水素気流中で
融解アルミナを電気分解する手法でアルミニウムと鉄の合金を
得た。鉄はアルミナの不純物によるものであった。合金から
アルミナを生成できたため、何らかの未知の元素の存在が確認
できたことになる。デービーはアルミニウムの硫酸塩である
ミョウバンを表すラテン語の単語 Alumen から、未知の
新元素を Alumium と名付けた。
1825年 - デンマーク物理学者エルステッドが、世界で初めて
アルミニウムの単離に成功した。ただし不純物が多かったと
される。カリウムを還元剤としたため生産性は極端に低く、
貴金属としての扱いを受けた。
1827年 - ヴェーラーが塩化アルミニウムをカリウムで還元
して純粋なアルミニウムを得たため、ヴェーラーを
アルミニウムの発見者とすることもある。
1846年 - フランスの科学者ドビーユがエルステッドの手法を
改良し、カリウムの代わりにナトリウムを用いる還元法を
開発した。生産コストを下げることに成功し電解法も開発した。

1855年 - ドビーユは粘土から電解法で生産したアルミニウム
をパリの万国博覧会に展示した。
出品タイトルは「粘土からの銀」であった。
展示を見たナポレオン3世はドビーユに援助を始める。目的は
甲騎兵の防具を改良するためであった。
1886年 - フランスのエルーとホールがアルミナと氷晶石を
用いた融解塩電解法を発明した。これは今日利用されている
手法である。
19世紀後半 - 電気精錬の手法が進歩するが、肝心の発電、
送電技術が未熟であり、生産性は依然として低いままであった。
20世紀中〜後半 - 大規模で効率的な発電所の建設が可能に
なるとともに、送電システムが確立された。
大規模な電気精錬が行えるようになり、大量生産が可能と
なった。

・関連項目
アルツハイマー性痴呆 - アルミニウムの過剰摂取が原因で
あると疫学的には警鐘を鳴らされているが、医学的メカニズム
は検証の途上にある



アルツハイマー患者の脳にアルミニウムイオンが健常者の
数十倍の濃度で検出されているが、それがアルツハイマーの
原因なのか結果なのかは不明というのが現状のようです。

しかしながら、従来は脳血液関門(Blood Brain Barrier。
関門とは関所、つまりそこを通る人々をチェックして出入り
を制限します。 このような関所が人間の体の中にもあり、
体内の血液中にある物質が、勝手に大切な個所(脳と生殖器)
に行かないように見張りをしています。このうち血液から脳に
移行する物質を見張る関所のことをさし、血液−脳関門とも
呼びます)によってアルミニウムイオンは脳に達しないという
見方もあったが、今では脳血液関門を突破することが明らかに
なってきているそうです。


キッチンのアルミ製品を見直して見ましょう。


アルミ鍋が気になる方は,ステンレスやアルマイト加工の鍋を
使うとよいでしょう。アルマイト加工の鍋は表面を酸化アルミ
ニウムで覆ったアルミ鍋で,よりアルミニウムの溶け出す量が
少なく,腐食防止効果が大きいものです。
アルマイト加工であることは,鍋に表示がされています。

さあ、デトックスライフの一歩を踏み出しましょう!

デトックスで変えようココロ&カラダ】がお伝えしました。

残留農薬

ポジティブリストによる規制強化に注目

デトックスで変えようココロ&カラダ】管理人の”たけ”です

有害金属【砒素】はどこに溜まる? でお伝えしました
残留農薬の問題ですが、調べてみると今はこんなふうに
なっているのです。


それはポジティブリストによる残留基準値の規制です。



2002年中国からの輸入野菜の残留農薬騒ぎに端を発して
食の安全を揺るがす問題の1つ、食品中の残留農薬に
かかわる規制が2006年5月29日から一段と強化されました。

食品衛生法に規定されている残留農薬基準が、
これからは
ポジティブリスト制度の施行ということになったのです

残留農薬や食品添加物の規制の仕方には、
基本的にポジティブリスト方式とネガティブリスト方式と
いう二つの考え方があります。
ポジティブリスト方式は、原則すべてを禁止し、
「残留を認めるもの」のみを一覧表にして示すという方式
です。
ネガティブリスト方式は原則自由で、
「残留してはならないもの」を一覧表にして示すという方式
です。

日本では、2003年の食品衛生法の改正により、
ポジティブリスト方式が導入され、3年以内の実施が決まり
ました。

それまでの日本の残留農薬の規制は、農薬について残留基準を
設定し、それを超えた食品の流通を禁止するというネガティブ
リスト方式でした。

ネガティブリストでは、283の農薬や動物用医薬品についての
残留基準値が決められていました。

そのため、これ(ネガティブリスト)以外は規制の対象外で
どんなに農薬が残留しても、おとがめは
一切ありませんでした。



うーんこれまで、本当に恐ろしい状況にあったんですね。


この方式では残留基準が設定されていない農薬については、
いくら残留があっても規制できず、輸入農産物の激増のなかで
問題となってきました。



このため新制度では、世界中の農薬をほぼすべてカバーする
残留基準値が設定されました。

残留農薬ポジティブリストに関する情報は、
食の機能と安全を考える
専門情報サイト「FOOOD・SCIENCE」
が参考になります。

おいしっくす 無農薬がいちばんあんしんだね 



デトックスの基礎知識として知っておきましょう。

安全な食べ物は高いと思っていませんか



さあ、デトックスライフの一歩を踏み出しましょう!

デトックスで変えようココロ&カラダ】がお伝えしました。

ココロのデトックス

ココロのデトックスで七情の乱れを正す

デトックスで変えようココロ&カラダ】管理人の”たけ”です

ココロのデトックスってなんでしょう?


はて、ココロの毒素ってなんだろう?と考えるときに東洋医学の
考え方は興味深いものがあります。



毎日人間は「喜び、悲しみ、憂い、思い、怒り、驚き、恐れ」

いう感情をくり返して生活しています。こういった情緒の不安定
で大きな乱れを昔から東洋医学では「七情の乱れ」と呼んで
カラダの内側から病気を起こす原因(内傷)として、重要視して
います。
この七情の乱れにプラスして外邪(風・熱・飲食労倦・寒・湿)
がカラダの外側から侵入すると本格的に病気になると考えられて
います。


「喜び」の感情はもともと好ましいものですが、度が過ぎると
心臓や脳を表す五臓の「心」に変調をきたします。
たとえば思いがけず3億円宝くじに当選したら、嬉しさのあまり
卒倒することもあります。

「悲しみ」は、呼吸器系、五臓の「肺」を傷めます。悲しみの
あまり胸がつまって息苦しくなってしまうこともあります。

「憂い」や「思い」は、消化器系、五臓の「脾」を傷めやすく
度が過ぎると、食欲不振などになります。失恋して「憂い」が
深まるとご飯も喉を通らなくなったりします。

「怒り」は、五臓の「肝」を傷め、逆に「肝」の働きが停滞する
と怒りっぽくなります。いわゆる「ストレス」は「肝」と深い
つながりを持っています。

「驚き」や「恐れ」は五臓の「腎」を傷めます。驚いて腰を
抜かしたり、余りの恐怖におしっこが我慢できなくなって
しまったという経験はありませんか。


ごく普通に感じている「感情」もあまり極端になるとカラダに
とって「毒素」に変わってしまうんですね。


東洋医学で言う五臓は西洋医学で言う解剖学的な臓器と必ずしも
一致するものではありませんが、カラダのなかの物質の代謝や
精神活動に関連した機能単位でとらえられています。


これらの内臓から有害物質を取り除いたり、分解を促進させたり
するためのデトックスはもちろん
五臓のもつ精神的な機能も元気に働くように心がけたいですね。


こういうふうに、ココロが臓器に宿ると考えるとココロとカラダ
の密接さがよくわかります。



キレイな臓器にキレイなココロが宿るとでもいうのでしょうか。
同時にキレイなココロを作る”ココロのデトックス”も必要な
時代です。



満員電車や職場の人間関係のイライラ

リストラされないか毎日が心配

借金がなかなか返済できない


多くのストレスにさらされ続けるカラダは
やがて【七情の乱れ】を引き起こし、ココロの中に毒素を溜めて
しまいます。




ココロの毒素を早く消してやらなくては...

         ↓
         ↓
         ↓
         ↓
         ↓
         ↓
         ↓
         ↓
         ↓
         ↓
         ↓

もっともお手ごろなところでは、日常生活から一歩抜け出す
ために小さな旅行をされるのはいかがですか。
見知らぬ土地を旅する喜びはネガティブな感情をきっと忘れ
させてくれるでしょう。

本当?→2100円で海外旅行する方法!←えーっ、なんか期待しちゃいますよ


海外旅行 韓国 ソウル ホームステイ 留学海外旅行ではい!キムチ!!

見知らぬ土地だけに冒険心がはやり、わくわくした感情が
こみ上げてくることでしょう。


きっとそうした感情こそがココロのデトックスの原動力
なんですよ。



最近はやりの森林を散歩する森林療法もいいですね。
新鮮な空気とフィトンチッドあふれる森林を歩けばココロも
すっきり洗われてデトックス気分ですね。



どこかいい森林浴スポットはないかな?


これから【デトックスで変えようココロ&カラダ】では
そんな”ココロのデトックス”の観点からの情報もしっかり
とりあげていきたいと考えています。




さあ、デトックスライフの一歩を踏み出しましょう!

デトックスで変えようココロ&カラダ】がお伝えしました。

毒素はどこに溜まるか?

有害金属【砒素】はどこに溜まってしまうのか?

デトックスで変えようココロ&カラダ】管理人の”たけ”です


有害金属はどこに溜まる?

デトックスの対象である有害金属はこんなところに溜まります。


砒素は体内のほとんどの組織に蓄積しやすい。
残留農薬、飲料水、魚貝類などから体内に取り込まれる。
皮膚障害や全身疲労の原因になる。

2002年中国から輸入された冷凍ホウレンソウに基準値を超える
農薬のクロルピリホスが残留する事件が発生。中国からの輸入
がストップし、中国野菜に対する日本の消費者の不信感が一気
に高まったことは記憶にあたらしい。
残留農薬は目に見えないだけに難しい。


砒素(ヒ素)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ヒ素(ひそ、砒素、英語 Arsenic):原子番号33の元素。
元素記号はAs。窒素族の元素の一つ。灰色ヒ素(最も安定)
黄色ヒ素、黒色ヒ素の3つの同素体が存在する。
灰色ヒ素(金属ヒ素)は1気圧下において 615 ℃で昇華する。


・用途
III-V族半導体であるガリウムヒ素 (GaAs) は、
発光ダイオードや通信用の高速トランジスタなどに
用いられている。

ヒ素化合物であるサルバルサンは、抗生物質のペニシリンが
発見される以前は梅毒の治療薬であった。

中国医学や韓国医学で、硫化ヒ素である雄黄はしばしば
解毒剤、抗炎症剤として製剤に配合され続けている。


・人体への影響
ヒ素およびほとんどのヒ素化合物は、人体に非常に有害である。
飲み込んだ際の急性症状は、消化管の刺激によって、吐き気、
嘔吐、下痢、激しい腹痛などがみられ、場合によってショック
状態から死に至る。慢性症状は、剥離性の皮膚炎や過度の色素
沈着、骨髄障害、末梢性神経炎、黄疸、腎不全など。
ヒ素及びヒ素化合物は、毒物及び劇物取締法により医薬用外
毒物に指定されている。

ヒ素およびヒ素化合物は WHO の下部機関 IRAC より発癌性が
ある (Type1) と勧告されている。

一方でヒ素化合物は生体内にごく微量が存在しており、
人体にとって微量必須元素で、生存には必要であると考えられ
ている。
ただし、これは一部の無毒の有機ヒ素化合物の形での
ことである。低毒性の、あるいは生体内で無毒化される有機
ヒ素化合物にはメチルアルソン酸やジメチルアルシン酸など
があり、魚介類や海草類に多く含まれる。さらにエビには
高度に代謝されたアルセノベタインとして高濃度存在している。
とはいえ、必要量と毒性発現量の差は小さいものが多い為
サプリメントとして積極的に採る必要はない。

亜ヒ酸を含む砒石は日本では古くから 「銀の毒」、
「石見銀山」などと呼ばれ殺鼠剤や暗殺などに用いられていた。

1955年の森永ヒ素ミルク中毒事件では粉ミルクにヒ素が混入
したことが原因で、多数の死者を出した。

2004年には英国食品規格庁がヒジキに無機ヒ素が多く含まれる
ため食用にしないよう英国民に勧告した。
これに対し、日本の厚生労働省はヒジキに含まれるヒ素は
極めて微量であるため、一般的な範囲では食用にしても問題
はないという見解を出している。


残留農薬の少ない食品をどう見分けていくかがひとつのキーに
なるでしょう。


さあ、デトックスライフの一歩を踏み出しましょう!

デトックスで変えようココロ&カラダ】がお伝えしました。

和のデトックス

和のデトックス〜わさびは効きます!ツーン〜

デトックスで変えようココロ&カラダ】管理人の”たけ”です

「わさび」ってナニを連想しますか?

刺身の薬味、ツーンと鼻に抜ける辛味、緑色がきれいなどなど
いろいろでしょうが、最近注目を浴びているんです。

わさびって
学名はワサビアジャポニカ(Wasabia japonica)といって
まったくもって和の素材なんですね。


昔からわさびを弁当箱にいれると殺菌力で腐らないとか、
刺身につく寄生虫が撃退できるなどのすぐれた作用をもって
いたことが知られていますが、またあらたな機能に注目が
集まっています。


そうですわさびにはデトックス機能があるんです。

その成分はわさびスルフィニルといって

・血液さらさら作用
  血小板の凝集を抑制し血流を活発化させる

・抗酸化作用
  活性酸素をもとからシャットアウトする

デトックス(解毒)作用
  悪玉コレステロールを減らし体外へ排出しやすい身体を
  つくる。生活習慣病予防にも効果的

ストレスや紫外線、そして喫煙などの生活習慣によって体内に
活性酸素が発生すると、生活習慣病を引き起こす原因となります。
スルフィニルはこの活性酸素の過剰な発生を抑える作用があり
ます。
他の抗酸化成分との大きな違いは、発生した活性化酸素を消去
するだけでなく、発生そのものをもとから抑える作用があると
いうことです。


スルフィニルには肝臓の解毒酵素を活性化する力があります。

私達は毎日の食事や呼吸といった日常生活のなかで、多くの
有害物質を体内に取り込んでいます。このような私たちに
悪影響を及ぼす有害物質は肝臓で解毒される訳ですが、
スルフィニルには肝臓に存在する解毒酵素(毒を無害化して
体外に排出しやすくする酵素)の働きを活性化する作用が
あります。

同じような働きを持つ野菜はたくさんあるのですが、
本わさびに存在するスルフィニルのパワーはダントツ
だそうです。
わさびスルフィニルの場合、その効果は約3日間も続くと
いうことです。
ただ、スルフィニルは非常に少量しか含まれていないため
効果を期待するには約5グラムものわさびを取らなくては
ならないのだそうです。


でも最近はこういった本わさびの有効成分を抽出した
サプリメントが出てきています。

わさびはまさに「和のデトックス」といっていいでしょう。
とうとう出た!わさびサプリ【スルフィニルplus】200mg×270粒 2袋セット
おすすめ度 :
コメント:本わさびの有効成分スルフィニルが凝縮

「和のデトックス(解毒)」の決定版!
スルフィニルがからだのなかからキレイにする




さあ、デトックスライフの一歩を踏み出しましょう!

デトックスで変えようココロ&カラダ】】がお伝えしました。

毒素はどこに溜まるか?

有害金属【鉛】はどこに溜まってしまうのか

デトックスで変えようココロ&カラダ】管理人の”たけ”です


有害金属はどこに溜まる?

デトックスの対象である有害金属はこんなところに溜まります。


は肝臓に蓄積しやすい。
そして骨にもっとも蓄積されやすいことがあげられます。
飲料水、缶詰、たばこ、排気ガスなどから体内に取り込まれる。
浄水器の機能も確認した方がいい。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
より抜粋引用

強い毒性を持ち、生物の体表や消化器官に対する曝露
(接触、定着)により腹痛・嘔吐・伸筋麻痺・感覚異常症
など様々な中毒症状を起こすほか、血液に作用すると
溶血性貧血・ヘム合成系障害・免疫系の抑制・腎臓への
影響なども引き起こす。遺伝毒性も報告されている。
主に呼吸器系と消化器系から体内に吸収され、骨に
最も多く定着する。
毒性の生物学的な半減期は10年とされる。

西洋占星術や錬金術などの神秘主義哲学では、土星を象徴
するが、これは(錆を生じて)黒く重い鉛が、 肉眼で確認
できる惑星のなかで、最も暗く動きの遅い土星と相似して
いると考えられた為である。また、魂の牢獄としての肉体
老化、鈍さなども象徴する。

人類の文明とともに広く使われてきた代表的な重金属だが、
今後数十年のうち(21世紀前半)には枯渇してしまうと
いわれている。

用途
比較的錆びやすく、すぐに黒ずむが、腐食が内部に進み
にくい。
また、柔らかく加工しやすいので、古代から広く利用された。
なかでも古代ローマでの鉛製の水道管は有名である。
また、銃の進歩とともに銃弾としての用途が開けた。
日本でも水道管には1970年代まで、各家庭への引き込み管に
鉛製水道管が広く使われていた。

金属の中では比較的比重が重いので、様々な釣りなどの
おもり(シンカー)としても親しまれている。

また、放射線を遮蔽する性質があるため、放射線遮蔽材など
にも使われている。(例:戦車の内壁)

それに対して、大きな難点は強い毒性である。かつて鉛は
「灰吹き法」など、金・銀・銅などを精錬するための媒介と
しても盛んに利用されたが、鉱毒問題の主要な原因になった。
先述の古代ローマでも、貴族たちが鉛製のコップでワインを
飲むのを好んだため、鉛の毒による死者が続出したという。
これはワインの酸化から生じる酢酸が、空気中の酸素による
鉛の酸化を助け、そのとき生じる鉛イオンが味蕾を刺激し
鋭い甘みを与えるからであった。おもりについても、近年
鉛に代わる素材としてタングステンなどの素材の導入が進め
られている。しかし、加工のしやすさやコストの面から、
未だに鉛の需要は根強い。

他に鉛害問題の対策として、次のような例がある。

鉛と錫(すず)との合金としてはんだがあり、低融点などの
利点を持つため、古くから金属同士の接合に多用されてきた。
電気回路の組み立てなどにもはんだは多用されてきたが、
近年では鉛を含まない「鉛フリーはんだ」に置き換えられ
つつある。
ガソリンのオクタン価を高めるためや吸排気バルブと周辺部品
の保護に四エチル鉛((C2H5)4Pb)が添加されていたが、排気中に
鉛が含まれてしまうことから汚染源となって問題視された。
現在では鉛を含まない添加剤によるオクタン価向上策が選択
されるようになり、日本など先進諸国では法的規制により
有鉛ガソリンは使われなくなった。しかし社団法人 日本
自動車工業会による2002年12月19日発表のニュースリリース
によると、およそ50カ国で有鉛ガソリンの使用が認められて
おり、今なお有鉛ガソリンの問題は終結していない。
また、航空機のレシプロエンジンにも有鉛ガソリンが多用
されている。
鉛は、狩猟やクレー射撃に使われる散弾(多数の小さな金属粒
を飛ばすタイプの銃に使われる銃弾。単体の金属弾である
ライフル弾やスラッグ弾と比べると、威力は劣るが、高い
命中精度を要求されないという利点がある)にも使われてきた。
しかし鉛散弾は環境中に鉛の粒をばらまくものであり、
土壌汚染を引きこしたり(クレー射撃の場合)、鉛散弾を
打ち込まれて死んだ上で放置された動物や鳥の死体を食べた
鳥獣が鉛中毒を引き起こすなどしたため(狩猟の場合)、
威力は劣るが汚染の少ない鉄散弾への切り替えが進められ
ている。
鉛製水道管については、2005年7月時点の厚生労働省調査で
約547万世帯に残っているが、本管から分かれた引き込み管に
ついては、水道メーターを除き個人の所有とされていること
から交換費用は自己負担となり、交換は進んでいない。
欧州連合(EU)では、RoHS指令により、2006年7月1日以降、
高温溶融はんだなどの例外を除き、電気・電子製品への鉛の
使用が原則として禁止される。このため、日本のメーカーでも
鉛を含有しない部材の使用を原則としつつある。
中国やインド、韓国などで製造されている安価な鋳造の
ペンダント、メダル、バッジ、ネックレスなどのアクセサリー
には、加工性をよくする目的で金属に高濃度で鉛を配合して
いる場合があり、子どもが誤飲することなどによって、健康
被害が起こる可能性が指摘されている。



おいしっくす入ってくる毒素を
減らしましょう
安全な食べ物を


お子さまのおもちゃなどもう一度身の回りを点検しましょう。

安全と水がタダで手に入る時代はもうおわりました。

さあ、デトックスライフの一歩を踏み出しましょう!

デトックスで変えようココロ&カラダ】】がお伝えしました。

汗をかこう

天然のデトックス機能 汗をかこう

デトックスで変えようココロ&カラダ】管理人の”たけ”です

だんだん暑くなってきましたね。

こういう時期は湿度があがるため、発汗ができにくい状態です。
おもいきってカラダを動かし体内の熱を放散させ汗をかきましょう。
気持ちいいですよ。

発汗は実は人間の本来もっているデトックス機能なんです。
肝臓が解毒する化学工場なら、腎臓は強力なろ過フィルター。
そして皮膚は皮脂腺に毒素が溜まるといわれていますので
汗腺と皮脂腺から汗をながすことは排毒作用のある立派な
デトックスなんです。


デトックスに【岩盤浴ベッド】家庭での岩盤ヨガにも【金のたまご】これはリッチな岩盤浴!

そういったわけで
話題のホットヨガや岩盤浴も
順次リポートしていきたいと思います。

お楽しみに。





さあ、デトックスライフの一歩を踏み出しましょう!

デトックスで変えようココロ&カラダ】】がお伝えしました。

毒素はどこに溜まるか?

有害金属【カドミウム】はどこに溜まってしまうのか?

デトックスで変えようココロ&カラダ】管理人の"たけ"です。

有害金属はどこに溜まる?

デトックスの対象である有害金属はこんなところに溜まります。


カドミウムは、腎臓・肝臓に蓄積されやすい。
排気ガスや飲料水から体内に入ってくる。天然のミネラル
ウォーターだからといって安心するのは禁物。

骨や関節に蓄積されると過去にはイタイイタイ病も発病した。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
より抜粋引用


カドミウムは人体にとって有害(腎臓機能に障害が生じ、
それにより骨が侵される)で、日本ではカドミウムによる
環境汚染で発生したイタイイタイ病が問題となった。

またカドミウムとその化合物はWHOの下部機関IARCより
ヒトに対して発癌性があると(Group1)勧告されている。

ホタテガイの中腸腺(ウロ)にはカドミウムが蓄積する
ことが知られている

カドミウムは人体に体重1kgあたり約0.7mg含まれると
見積もられている。カドミウムは多くの生物種において
蓄積性がみられ、ヒトでは体内に約30年間残留すると
言われている。したがって、一度カドミウムに暴露
されると、長期間その毒性にさらされる危険性がある。
さらに、亜鉛と同族元素であるために、生体内での
挙動も類似しており、カドミウム除去の際に、生体に
必須な亜鉛をも除去してしまう可能性がある。

カドミウムの毒性については、骨や関節が脆弱となる
イタイイタイ病が大きな社会問題となった。
さらに、慢性毒性では、肺気腫、腎障害、蛋白尿が
見られる。
腎障害では糸球体ではなく、尿細管が障害を受けると
言われている。
また、カドミウムは発ガン性物質としても知られている。
これらの毒性の一部は、亜鉛と類似の生体内挙動を示す
ことから、亜鉛含有酵素のはたらきを乱すことによる
ものと考えられる。

これらの毒性に対する生体側の防御として、金属結合性
タンパク質のメタロチオネインが誘導され、カドミウムを
分子内に取り込み毒性を軽減している。

【カドミウム米】
土壌中のカドミウムは農作物に蓄積される。
そのため、基準値以上のカドミウムを含む農作物は販売
することが出来ない。食品衛生法上では玄米において
1ppmとされている。


食品や水といった身近なところに注意が必要なんですね。
安心できる食品を入手することがひとつの防衛策です。


安全な食材宅配おいしっくす



デトックスライフの一歩を踏み出しましょう!

デトックスで変えようココロ&カラダ】がお伝えしました。

毒素はどこに溜まるか?

有害金属【水銀】はどこに溜まってしまうのか

デトックスで変えようココロ&カラダ】管理人の”たけ”です


有害金属はどこに溜まる?

デトックスの対象である有害金属はこんなところに溜まります。

水銀
は、骨や腎臓・肝臓に蓄積されやすい。
多くは魚介類から摂取される。妊婦さんはトロを食べるな
といわれていたのもつい先ごろの話。
脂肪に蓄積されやすいそうです。
歯の詰め物(アマルガム)から溶け出すものもあるという。

水銀
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
水銀の毒性
有機水銀はかつて農薬として広く使われたが、その毒性から
現在は使用が禁止されている。有機水銀(水銀原子に
炭化水素が結合した化合物)は無機水銀に比べ毒性が非常に
強い。
特にメチル水銀の神経中枢(脳)に対する毒性は強力で、
日本で起きた水俣病(熊本県八代海)や阿賀野川流域(新潟県)
でおきた有機水銀中毒(第二水俣病)の原因物質である。
また、1970年代にイラクではメチル水銀で消毒した小麦を
使ったパンによる有機水銀中毒で400人以上が死亡する事件が
おきた。

2001年にアメリカ合衆国では「赤ちゃんの時に受けた予防接種
に入っていたチメロサール(エチル水銀チオサリチル酸
ナトリウム)によって自閉症になった」として製薬会社が
訴えられた。
三種混合ワクチン、日本脳炎ワクチン、インフルエンザ
ワクチン、B型肝炎ワクチンなどの保存剤としてチメロサール
が使われていた。
有機水銀と自閉症を関連づける明確なデータがないため
疑問視されているが、チメロサールを使わないか低濃度の
ものに替えるなど規制が強化されている。

自然界に存在する無機水銀は微生物によって有機水銀に
変えられ食物連鎖を通じて、大型魚類や、深海魚、海棲哺乳類
に蓄積される。
厚生労働省はキンメダイやカジキ、マグロなどの魚類、クジラ、
イルカなどの海棲哺乳類に含まれる水銀が胎児の発育に影響を
及ぼす恐れがあるとして妊娠中かその可能性の有る女性は
食べる回数を減らすように注意を喚起している。
しかし、少なくともマグロなどは同程度のセレンを含んでおり
これがお互いの毒性を軽減させていることが分かっている。

自然界では、無機水銀及び有機水銀を処理して金属状態の
水銀に変化させる菌が存在する。この菌は、通称水銀耐性菌
と呼ばれ、水俣病の発生した地域の土壌から単離された。
水銀耐性菌において無機水銀及び有機水銀を金属水銀に代謝
するのは、この菌の産生するタンパク質によるものであること
が遺伝子工学的な解析により判明しており、その担当遺伝子の
解析も行われている。
環境上の見地から、水銀耐性に係る遺伝子を利用した、
水銀等の重金属による環境汚染の軽減、いわゆる、
バイオレメディエーションも行われている。

体温計に使われている水銀は金属水銀なので安全だと言われ
ている。
金属水銀は間違って飲み込んだとしても消化管からは
ほとんど吸収されないので急性中毒を起こすことはない
(ただし、一部が腸内細菌叢により酸化されたり有機水銀
に転換されて吸収される余地が示唆されている)。
しかし、肺からは吸収されやすく、蒸気として吸収された
水銀はヘモグロビンや血清アルブミンと結合し毒性を示す。
このため水銀を含有する物(蛍光灯・体温計・朱肉など)は
絶対に焼却してはいけない。


やはり食べ物から入ってくるのが一番多いようですね。
無農薬で安全な食品
をとる比率をあげることもひとつの
対策になるでしょう。

有機野菜、無添加などの安全食品の宅配 感動食品専門スーパーOisix(おいしっくす)



カラダに入ってくる毒素を少しでも減らしていきましょう。
インプットされる毒素をへらすことも立派なデトックスの方法ですね。

デトックスで変えようココロ&カラダ】がお伝えしました。

<<前の10件  1 2 3 4  次の10件>>

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。