便秘

便秘予防にはミネラルウォーターがいちばん?

デトックスで変えようココロ&カラダ】管理人の”たけ”です


便秘予防についていろいろ調べています。

人間のからだの70%は水分だと言われていますが、
食事や飲料水によって
水分をとることは随分たいせつなことのようです。

便秘
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
より抜粋引用


・水分の摂取
十分な量の水もしくは他の飲み物、例えば野菜や果物の
ジュース、スープなどを摂取する。

水分は大便を柔らかく保ち、通りを良くする。
そのため十分な水分を取ることは重要である。
カフェインやアルコールを含む飲料は、消化器の水分を
減らす傾向があるため避ける。



朝起き掛けに冷たい水を飲むというのは、胃腸を刺激して
蠕動運動を活発にさせる上でもいいようですよ。
ミネラルウォーターならミネラルやマグネシウムも一緒に
とれて一挙両得です。
なんでも牛乳並みのカルシウムの吸収率があると言うデータも
あるそうです。


そんなミネラルウォーターの中でもいま注目すべきなのは
プラチナナノコロイド配合のプラチナウォーターじゃないでしょうか。

プラチナウォーターは白金を小さく小さくして
ナノ(100億分の一)サイズにしたものが含まれており、代謝をあげ
体内の老廃物を取り込んで一緒に排出してくれる作用が
あるそうです。

からだに毒をためないためには一日1.5から2.0リットルの
水が必要だといわれています。

さあ、デトックスライフの一歩を踏み出しましょう!

デトックスで変えようココロ&カラダ】がお伝えしました。

便秘

腸内洗浄のあとはビフィズス菌を補いましょう

デトックスで変えようココロ&カラダ】管理人の”たけ”です

腸内洗浄・コロンハイドロセラピーについて先日お伝え
しましたが大切なことを忘れていました。


実は、腸内洗浄をすると腸内の善玉菌も悪玉菌も一緒に洗浄
されてしまい腸内のバランスが変わってしまうのです。
せっかく悪玉菌や有害老廃物を洗浄したら、善玉菌と言わ
れるビヒィズス菌などを取り込んであげなくてはいけない
のです。

でも、ビフィズス菌などは胃酸に弱く、ヨーグルトなどで
せっせと食べるのではとても追いつきません。

そこで、胃酸に溶けることないマイクロカプセルで
ビヒィズス菌を包み、腸まで届くように加工したものが
仁丹のビフィーナースーパーです。

ひと包みに50億個のビフィズス菌、腸まで届く

ビフィーナースーパー

きれいになったおなかに活き活きビフィズス菌をとりこみましょう。
ますますカラダのデトックスがすすみますよ。

さあ、デトックスライフの一歩を踏み出しましょう!

デトックスで変えようココロ&カラダ】がお伝えしました。

便秘

腸内洗浄でカラダのなかからキレイになる

デトックスで変えようココロ&カラダ】管理人の”たけ”です

便秘についてだいぶ勉強してきましたが、いっそ
便秘を起こす、便や老廃物といったものが溜まっている腸の
なかをきれいに掃除してしまったらどうなのでしょう。



大腸はおよそ1.5mの長さであり、便が作られ、溜めておく
場所であることが良くわかりました。
そこには、通常は善玉菌・悪玉菌が生息してうまくバランスを
保って共存しています。しかし、大腸は食事・生活習慣
ストレスや抗生物質などの影響を常に受けていて、しばしば
それらの影響で善玉菌が減って、悪玉菌が増加しますと毒素
の発生、発ガン物質の発生、便秘、下痢、ガスの発生などが
おこり腸内腐敗の進行、腸内環境の乱れが起こります。
また腸壁の細胞も活力を失い、水分を吸収する能力が落ちて
しまうようです。

その結果、汚れた腸で老廃物・便の滞留、ガスによるお腹の
はりなどの不快な症状がおきてきます。
また腸内のガスは肛門から排出されない場合は腸内の血管から
また吸収されて口臭・体臭の原因になったりもします。
乱れた腸内で作られた様々な有害物質は大腸に集まる豊富な
血管から血流にのり全身に運ばれるそうです。
こうして女性なら便秘になると肌荒れがひどくなるのが実感
されます。

この様な乱れた腸内環境を洗い流して腸内をクリーンにする
のが美容サロンなどで高額な料金にもかかわらず根強い人気
がある【コロンハイドロセラピー】というものです。
あの故ダイアナ妃さんも利用していたと言われています。

つまり、腸内洗浄という方法です。


なな企画さんでは女性にターゲットを
しぼったきめこまやかなセラピーを実施しているようです。


また、最近では腸内環境を整えることがアンチエイジングに
効果的だとも言われています。

腸内環境のバランス維持、便秘解消、長年蓄積した宿便や
老廃物の排除、美容、美肌、にきびの改善、ダイエット、
アトピー改善、アンチエージングの一環にもお奨めできる
方法です。



ただ、料金がお高い(20000円以上しますね
セラピストとは言え、自分のお尻を見られてしまうのは
恥ずかしい...


そこで、お手ごろで誰にも知られず自分で腸内洗浄ができる
キットがあるのでご紹介しましょう。
一回わずか280円ですから、格安です。


自宅で腸内洗浄腸内洗浄リンピアール

自宅で腸内洗浄

もちろん薬のように常習性はないから安心ですね。
カラダのなかから(腸)キレイにするデトックスの方法です。


さあ、デトックスライフの一歩を踏み出しましょう!

デトックスで変えようココロ&カラダ】がお伝えしました。

便秘

便秘予防と生活習慣

デトックスで変えようココロ&カラダ】管理人の”たけ”です

前回に引き続き便秘について調べてみました。

便秘
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

・原因
便秘の原因には次のようなものがある。

1.腸の一部が締め付けられ、細くなったり遮断されたり
して便が動けなくなる。

2.麻痺により腸の蠕動ができなくなった場所で便が動け
なくなる。

3.過度の脱水により便が硬く大きくなり、排泄されなくなる。

4.食物や食物繊維の摂取が不十分なため、適切な咀嚼が
行われなかった。

5.心配事や未知の環境などによる精神的な原因の便秘
機能性の便秘、過敏性の便秘の2つがあり、腹部の不快感や
痛みによって特徴付けられる。

これらは、互いに原因となる多様性がある。

・治療
便秘は腸の運動が1週間あたり3回以下となることを意味する。
大便は硬く乾燥する。
排泄にはしばしば痛みを伴い、不快感と快感を覚える。
治療には、下剤の摂取により便の排泄を試みる。
早期の治療には浣腸も含まれる。

生活習慣等が原因ではなく、そもそも便秘になりやすい
体質の人もいる。

S状結腸の過長等により、腸内に便の通りが著しく悪い
個所が存在することが便秘の原因である場合、直腸内は
既に空になっている場合がある。
この場合、薬局で市販されている浣腸では便まで薬が
到達せず、排泄を促進することができない。こういった
原因で便秘になっている場合もあるため、浣腸の効果が
感じられず、またひどい腹痛を伴う場合などは、一度
医師に相談してみたほうがよい。

よくある誤解は、毎日便が出なければならない、とする
ものである。これは実際には正しくない。排便の『正しい』
回数は存在しない。各人がそれぞれ通常の排便の回数を
知っておく。それは食物や運動などに依存する。

ほとんどの人が一回ないしそれ以上の回数、便秘となる。
多くの場合、短時間しか続かず重症にはならない。
便秘の原因を知ることがその予防の第一歩である。


【予防】
食べ物、飲み物、運動の程度を変えることは、便秘を予防
することになる。以下はそれらの他の方法である。

・食物繊維の摂取
食物繊維は柔らかく大きな大便を作る。それは多くの野菜
果物、穀物に見られる。一度に少しずつの食物繊維を確実に
加えることにより、ゆっくりと摂取することになる。
繊維をほとんど含まない食物、例えばアイスクリーム、
チーズ、肉、スナック菓子、ピザ、インスタント食品などを
制限する。繊維を多く含む食べ物を次に示す。

果物
リンゴ
モモ
ラズベリー
オレンジ
野菜
カボチャ
ブロッコリー
キャベツ
ニンジン
カリフラワー
ホウレンソウ
ズッキーニ
パン、穀物、豆類
ウズラマメ
ソラマメ
シリアル
蒟蒻



・水分の摂取
十分な量の水もしくは他の飲み物、例えば野菜や果物の
ジュース、スープなどを摂取する。

水分は大便を柔らかく保ち、通りを良くする。
そのため十分な水分を取ることは重要である。
カフェインやアルコールを含む飲料は、消化器の水分を
減らす傾向があるため避ける。

・十分な運動
規則正しい運動は消化器を活発にし、健康を保つ。
偉大な競技者になる必要はない。毎日20〜30分の歩行でよい。

・十分な排便の時間
あまりに急いでいるために身体の要求に注意しないことが
しばしばある。便意を無視していないことを確かめる。

・医師の指示により下剤を使う
下剤は大便を通しやすくする薬である。軽い便秘の人の
多くは下剤を必要としない。しかし、これらの全てを
正しい方法で行い、まだ便秘であるならば、医師は限られた
期間で下剤を用いることを薦めるだろう。

下剤が必要であれば、医師は何が最適なのかを教えて
くれる。下剤には液体、チューインガム、丸薬、粉など
いくつかの種類がある。

・飲んでいる薬の確認
いくつかの薬は便秘を引き起こす。それらはカルシウム剤
コデインなどの鎮痛剤、鎮静剤、制酸剤、鉄剤、
利尿剤(水薬)、抑うつ剤などである。
別の問題により薬を飲むならば、それが便秘を引き起こすか
を医師に尋ねる。


生活習慣に気をつかうことが重要なようですね。

食物繊維が重要なキーワードのようです。
”たけ”も野菜をもっととらなくてはいけないですね。



さあ、デトックスライフの一歩を踏み出しましょう!

デトックスで変えようココロ&カラダ】がお伝えしました。

便秘

便秘なひとに「おーぃ自然が呼んでますよ」

デトックスで変えようココロ&カラダ】管理人の”たけ”です

便秘を調べていくうちに、ふと思いました。



さて、そもそも便はどのようにしてできるのか?

食べ物をとるからでしょうか?

水だけ飲んでいたらどうなるのか?

色々調べてみました。

食事をすると、食物は胃や小腸を経て消化・吸収され、
その残りが大腸(結腸)に送られていきます。
そのほとんどが水分です。
大腸ではぜん動運動によって食べ物を先へ先へと送り
込んでいきますが、その際に水分を吸収していきます。
その結果、残った未消化の食べ物に古い腸の粘膜や
腸内細菌の死骸などが加わって、徐々に固まりながら、
便になっていくのだそうです。
一番最後には直腸に到達し、そこで便がある程度溜まると
直腸の壁が刺激され、それが自律神経によって大脳に伝え
られて便意が起きるために肛門から排泄されます。

ところが、ここで長い時間便が留まると、水分がどんどん
吸い取られて便秘になってしまうのです。


便秘のひとが排便困難なのはこうして硬い便
ができてしまうからなのですね。

便はカラダの不要物を排出してくれる重要な役割をはたしているのですね。

だから、トイレタイムがとれないようなせわしい生活は
避けなくてはならないのですね。


まさに「自然が呼んでいる」ままにしたがうことが大事
なのです。

便秘って結構メンタルな面があるようです。



さあ、デトックスライフの一歩を踏み出しましょう!

デトックスで変えようココロ&カラダ】がお伝えしました。

便秘

便秘で死んでしまうとは

デトックスで変えようココロ&カラダ】管理人の”たけ”です

むかしから健康の秘訣は快食・快眠・快便といわれて
いますね。
きちんとした食事を美味しくいただいていればいいし
ぐっすり眠りがとれることも大事ですが、三番目の快便
はなかなか難しいのではないでしょうか。

食べたものがからだに吸収されて、体内の老廃物や
有害物質を排便することの大切さをむかしの人は短い
言葉でうまく表現していたんですね。


現代人で一番多いのは便秘の悩みのようです。


なんと女性では5人に一人が便秘に悩んでいるという数値が
あるようです。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によれば
便秘の定義というのは次のようになっています。

便秘
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
より抜粋引用

医療情報に関する注意:ウィキペディアは百科事典であり
一般的な説明をするにとどまります。ご自身の健康問題に
関しては、医師等の専門家に相談してください。

便秘(べんぴ)とは、ヒト(または他の動物)において便の
排泄が困難になっている消化器の状態である。

・どういう状態を便秘というの?
便秘とは、自然な排便のメカニズムが乱れ、排泄物が長時間
の間腸内にとどまり、不快に感じる状態です。
健康な人は通常1日1回の便通がありますが、人によって
は2〜3日に一回の人もいます。しかしその場合でも満足
できる排便があり、苦痛を感じない場合は便秘では
ありません。逆に毎日便通があっても苦痛や残便感など
不快感を伴う場合、「便秘」とみなします。

便秘と女性

便秘はとりわけ、女性に多い病気であり、たとえば日本では
5人に1人が便秘の症状で悩みを持っているともいわれる。
だが、これには科学的な根拠があり、それは社会的なもの
から、生活習慣的なもの、そして女性独特の身体構造に
大きく関与する。

1.男性に比べ、排便に必要な括約筋、腹筋の力が弱い。

2.男性に比べ、外での排便を躊躇、我慢する傾向にある。
そして我慢を続けることによって排泄中枢が反応しなく
なってしまう。そのため、排便のサイクルに狂いが生じて
便秘になりやすい。

3.女性の方が便の嵩を増やす元になる食物繊維や炭水化物を
美容、ダイエット目的などで多量に摂取する傾向にある。
その割に2の理由などで便を溜めてしまい、目詰まりを起こす。

4.女性に多いダイエットも大きな原因。食べないことによって
腸の蠕動運動が疎かになる。

5.女性独特の黄体ホルモン、プロジェステロンが体内に水分を
蓄積しようとする。その結果、排便に十分な水分が補給され
なくなってしまう(このホルモンは生理、妊娠などの時に
多く分泌され、故にその時期の便秘が多くなる)。
更にこのホルモンは流産を防ぐために括約筋を収縮させる
働きがあるため、一層排泄が困難になる。

6.女性は胎児を育てるため、骨盤が広い。そこに腸が下垂
しやすくなり、腸が不安定になる。また、下半身に脂肪が
溜まりやすくなるために、血液も骨盤に滞りがちになる。
故に腸の働きが活発でなくなってしまう。

7.上記の理由で腸管の形が歪になりやすく、そこに硬い便
などが留まってしまう。

症状は7と似ているが、ストレスによる過敏性腸症候群などに
より、腸が閉塞してしまい、そこに便が滞ってしまう。
なお、この症状は男性にもよく見られるが、男性は腸管が
太いために下痢の症状を訴えることが多い。

以上の理由が挙げられており、便秘薬の購入者は女性が
圧倒的に多い(パッケージにピンクが多いのは明らかに
女性をターゲットにしている証拠である)。
一方、男性の方は、高齢者以外は便秘で悩まされる率は
圧倒的に少ない。反面、男性は便秘より下痢に悩まされて
いる傾向にあるが、これも同様に、食習慣(アルコール
油物、刺激物を好む傾向にある)や外的ストレスに対する
脆弱性、太い腸管など身体の構造に起因しているといわれる。





ところで、たかが便秘ぐらいと簡単に考えている人も
いるでしょう。


1998年の法医学誌に掲載された報告書によると、
便秘が原因で死亡した若い女性がいるということで、びっくり


便秘が原因で死亡した女性】

1998年に21歳の女性が自宅のトイレ前で死亡しているのを
家族が発見しました。死亡した女性は約1年ほど前から
便秘に悩まされており、日頃から腹痛を訴えていたにも
かかわらず医師の診察は受けておらず、自己判断で市販の
下剤を服用し、死亡する2日前までは普通に会社に出勤し
生活していたそうです。

死亡解剖の結果、女性は妊娠満期と思われるほどお腹は
脹れ上がっており、死因は腸内に“6.7kg”もの大量の便
が溜まったことによる“腸閉塞(イレウス)”でした。
また直腸付近には水分を殆ど含まないコンクリート状の
とても硬い便が数十センチ溜まっていたそうです。
便秘によるイレウスによる死亡は珍しく、この女性も
病院で診察を受けていればこのような事態には
ならなかったと思われます。




排便はカラダのデトックスを担う重要な機能です。

次回はもうすこし便秘について掘り下げてみたいと思います。

さあ、デトックスライフの一歩を踏み出しましょう!

デトックスで変えようココロ&カラダ】がお伝えしました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。