残留農薬

ポジティブリストによる規制強化に注目

デトックスで変えようココロ&カラダ】管理人の”たけ”です

有害金属【砒素】はどこに溜まる? でお伝えしました
残留農薬の問題ですが、調べてみると今はこんなふうに
なっているのです。


それはポジティブリストによる残留基準値の規制です。



2002年中国からの輸入野菜の残留農薬騒ぎに端を発して
食の安全を揺るがす問題の1つ、食品中の残留農薬に
かかわる規制が2006年5月29日から一段と強化されました。

食品衛生法に規定されている残留農薬基準が、
これからは
ポジティブリスト制度の施行ということになったのです

残留農薬や食品添加物の規制の仕方には、
基本的にポジティブリスト方式とネガティブリスト方式と
いう二つの考え方があります。
ポジティブリスト方式は、原則すべてを禁止し、
「残留を認めるもの」のみを一覧表にして示すという方式
です。
ネガティブリスト方式は原則自由で、
「残留してはならないもの」を一覧表にして示すという方式
です。

日本では、2003年の食品衛生法の改正により、
ポジティブリスト方式が導入され、3年以内の実施が決まり
ました。

それまでの日本の残留農薬の規制は、農薬について残留基準を
設定し、それを超えた食品の流通を禁止するというネガティブ
リスト方式でした。

ネガティブリストでは、283の農薬や動物用医薬品についての
残留基準値が決められていました。

そのため、これ(ネガティブリスト)以外は規制の対象外で
どんなに農薬が残留しても、おとがめは
一切ありませんでした。



うーんこれまで、本当に恐ろしい状況にあったんですね。


この方式では残留基準が設定されていない農薬については、
いくら残留があっても規制できず、輸入農産物の激増のなかで
問題となってきました。



このため新制度では、世界中の農薬をほぼすべてカバーする
残留基準値が設定されました。

残留農薬ポジティブリストに関する情報は、
食の機能と安全を考える
専門情報サイト「FOOOD・SCIENCE」
が参考になります。

おいしっくす 無農薬がいちばんあんしんだね 



デトックスの基礎知識として知っておきましょう。

安全な食べ物は高いと思っていませんか



さあ、デトックスライフの一歩を踏み出しましょう!

デトックスで変えようココロ&カラダ】がお伝えしました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。