デトックスで変えようココロ&カラダ > 毒素はどこに溜まるか? > 有害金属【アルミニウム】はどこに溜まってしまうのか?

毒素はどこに溜まるか?

有害金属【アルミニウム】はどこに溜まってしまうのか?

デトックスで変えようココロ&カラダ】管理人の”たけ”です
有害金属はどこに溜まる?

デトックスの対象である有害金属はこんなところに溜まります。


アルミニウムは骨、皮膚、脳に蓄積しやすい。
アルミ製調理器具、アルミ缶などから体内に取り込まれる。
アルツハイマー病との関連については否定的見解がだされて
いるがいまだ検証中である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
より抜粋引用

アルミニウム

アルミニウム(英 Aluminium, 米 Aluminum, )は原子
番号13の元素である。元素記号はAl。略してアルミと言う
こともある。

単体は常温常圧では良い熱伝導性・電気伝導性を持つ金属。
融点 660.2 ℃、沸点 2060 ℃(2467 ℃、2400 ℃という
実験値あり)。比重は 2.7 g/cm3 で、金属としては軽量で
ある。常温では面心立方格子構造が最安定となる。
酸やアルカリに侵されやすいが、空気中では表面に酸化膜が
でき、内部は侵されにくくなる(不動態)。

・単体の性質
アルミニウムは両性金属で、酸にもアルカリにも溶解する。

・生産
アルミニウムはボーキサイトを原料としてホール・エルー法
で生産されるのが一般的である。
ボーキサイトを水酸化ナトリウムで処理し、アルミナ
(酸化アルミニウム)を取り出した後、溶融し電気分解を行う。
したがって、アルミニウムを作るには大量の電力を消費される
ことから「電気の缶詰」と呼ばれることもある。

コスト競争に弱い日本国内のアルミニウム精錬事業は、
オイルショック後採算困難になり、大部分は国外に拠点が
移った。現在、日本国内で原石(ボーキサイト)から製品まで
一貫生産を行っているのは、自前の発電所を有する
日本軽金属のみである。

ボーキサイトからアルミニウムを精練するのに比し、
アルミニウム屑からリサイクルして地金を作る方がコストや
エネルギーが少なく済む。そのため、回収された空き缶等を
リサイクル原料とし、電気炉等を用いる形態で再生する
ケースは徐々に増えている。

アルミニウムの生産量は2002年時点で2574万トンに及ぶ。
中国が約 1/6 を生産し、これにロシア、カナダ、アメリカを
加えた4カ国で生産量の過半数を占める。中国、ロシア、
アメリカはボーキサイト原産国でもある。
他のボーキサイト原産国であるオーストラリア、ブラジル、
インドも世界生産量のシェア10位以内に含まれる。


・用途
アルミニウムは軽く、加工が楽であり、さらに表面にできる
酸化皮膜のため耐食性にも優れていることから、一円硬貨や
アルミホイル、アルミ缶、アルミサッシ、電車や自動車の
車体など、様々な用途に使用されている。
大抵はアルミニウム合金であり、アルミニウム 100% のもの
はむしろ稀な存在である。主な合金にジュラルミンがある。


・化合物

酸化アルミニウム - 通称アルミナ。モース硬度が 9 と高く
研磨剤として利用される。サファイアやルビーもほぼ同じ
組成である。なお、その軽さから航空機の機体素材などにも
多く用いられたが、強度の問題により近年はこれらの用途は
炭素繊維にとってかわられつつある。

・歴史
1807年 - イギリスのハンフリー・デービーは水素気流中で
融解アルミナを電気分解する手法でアルミニウムと鉄の合金を
得た。鉄はアルミナの不純物によるものであった。合金から
アルミナを生成できたため、何らかの未知の元素の存在が確認
できたことになる。デービーはアルミニウムの硫酸塩である
ミョウバンを表すラテン語の単語 Alumen から、未知の
新元素を Alumium と名付けた。
1825年 - デンマーク物理学者エルステッドが、世界で初めて
アルミニウムの単離に成功した。ただし不純物が多かったと
される。カリウムを還元剤としたため生産性は極端に低く、
貴金属としての扱いを受けた。
1827年 - ヴェーラーが塩化アルミニウムをカリウムで還元
して純粋なアルミニウムを得たため、ヴェーラーを
アルミニウムの発見者とすることもある。
1846年 - フランスの科学者ドビーユがエルステッドの手法を
改良し、カリウムの代わりにナトリウムを用いる還元法を
開発した。生産コストを下げることに成功し電解法も開発した。

1855年 - ドビーユは粘土から電解法で生産したアルミニウム
をパリの万国博覧会に展示した。
出品タイトルは「粘土からの銀」であった。
展示を見たナポレオン3世はドビーユに援助を始める。目的は
甲騎兵の防具を改良するためであった。
1886年 - フランスのエルーとホールがアルミナと氷晶石を
用いた融解塩電解法を発明した。これは今日利用されている
手法である。
19世紀後半 - 電気精錬の手法が進歩するが、肝心の発電、
送電技術が未熟であり、生産性は依然として低いままであった。
20世紀中〜後半 - 大規模で効率的な発電所の建設が可能に
なるとともに、送電システムが確立された。
大規模な電気精錬が行えるようになり、大量生産が可能と
なった。

・関連項目
アルツハイマー性痴呆 - アルミニウムの過剰摂取が原因で
あると疫学的には警鐘を鳴らされているが、医学的メカニズム
は検証の途上にある



アルツハイマー患者の脳にアルミニウムイオンが健常者の
数十倍の濃度で検出されているが、それがアルツハイマーの
原因なのか結果なのかは不明というのが現状のようです。

しかしながら、従来は脳血液関門(Blood Brain Barrier。
関門とは関所、つまりそこを通る人々をチェックして出入り
を制限します。 このような関所が人間の体の中にもあり、
体内の血液中にある物質が、勝手に大切な個所(脳と生殖器)
に行かないように見張りをしています。このうち血液から脳に
移行する物質を見張る関所のことをさし、血液−脳関門とも
呼びます)によってアルミニウムイオンは脳に達しないという
見方もあったが、今では脳血液関門を突破することが明らかに
なってきているそうです。


キッチンのアルミ製品を見直して見ましょう。


アルミ鍋が気になる方は,ステンレスやアルマイト加工の鍋を
使うとよいでしょう。アルマイト加工の鍋は表面を酸化アルミ
ニウムで覆ったアルミ鍋で,よりアルミニウムの溶け出す量が
少なく,腐食防止効果が大きいものです。
アルマイト加工であることは,鍋に表示がされています。

さあ、デトックスライフの一歩を踏み出しましょう!

デトックスで変えようココロ&カラダ】がお伝えしました。

<<ポジティブリストによる規制強化に注目 | デトックスで変えようココロ&カラダトップへ | 大人の塗り絵でココロのデトックス>>

この記事へのコメント

  • kayo
  • 2006年06月29日 15:36
  • 楽しみに見せてもらってます。
    ぜひ見に来てもくださいな♪
  • ”たけ”です
  • 2006年06月29日 15:44
  • Kayoさん ようこそ

    楽しみにしていただいてるなんて光栄です。
    ”たけ”はますます、デトックスライフの
    充実ができるようお手伝い頑張っていきます

    kayoさんのところにもお邪魔させて
    いただきますね

コメントを書く

お名前
[必須入力]
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。