デトックスで変えようココロ&カラダ > ココロのデトックス > ココロのデトックスで七情の乱れを正す

ココロのデトックス

ココロのデトックスで七情の乱れを正す

デトックスで変えようココロ&カラダ】管理人の”たけ”です

ココロのデトックスってなんでしょう?


はて、ココロの毒素ってなんだろう?と考えるときに東洋医学の
考え方は興味深いものがあります。



毎日人間は「喜び、悲しみ、憂い、思い、怒り、驚き、恐れ」

いう感情をくり返して生活しています。こういった情緒の不安定
で大きな乱れを昔から東洋医学では「七情の乱れ」と呼んで
カラダの内側から病気を起こす原因(内傷)として、重要視して
います。
この七情の乱れにプラスして外邪(風・熱・飲食労倦・寒・湿)
がカラダの外側から侵入すると本格的に病気になると考えられて
います。


「喜び」の感情はもともと好ましいものですが、度が過ぎると
心臓や脳を表す五臓の「心」に変調をきたします。
たとえば思いがけず3億円宝くじに当選したら、嬉しさのあまり
卒倒することもあります。

「悲しみ」は、呼吸器系、五臓の「肺」を傷めます。悲しみの
あまり胸がつまって息苦しくなってしまうこともあります。

「憂い」や「思い」は、消化器系、五臓の「脾」を傷めやすく
度が過ぎると、食欲不振などになります。失恋して「憂い」が
深まるとご飯も喉を通らなくなったりします。

「怒り」は、五臓の「肝」を傷め、逆に「肝」の働きが停滞する
と怒りっぽくなります。いわゆる「ストレス」は「肝」と深い
つながりを持っています。

「驚き」や「恐れ」は五臓の「腎」を傷めます。驚いて腰を
抜かしたり、余りの恐怖におしっこが我慢できなくなって
しまったという経験はありませんか。


ごく普通に感じている「感情」もあまり極端になるとカラダに
とって「毒素」に変わってしまうんですね。


東洋医学で言う五臓は西洋医学で言う解剖学的な臓器と必ずしも
一致するものではありませんが、カラダのなかの物質の代謝や
精神活動に関連した機能単位でとらえられています。


これらの内臓から有害物質を取り除いたり、分解を促進させたり
するためのデトックスはもちろん
五臓のもつ精神的な機能も元気に働くように心がけたいですね。


こういうふうに、ココロが臓器に宿ると考えるとココロとカラダ
の密接さがよくわかります。



キレイな臓器にキレイなココロが宿るとでもいうのでしょうか。
同時にキレイなココロを作る”ココロのデトックス”も必要な
時代です。



満員電車や職場の人間関係のイライラ

リストラされないか毎日が心配

借金がなかなか返済できない


多くのストレスにさらされ続けるカラダは
やがて【七情の乱れ】を引き起こし、ココロの中に毒素を溜めて
しまいます。




ココロの毒素を早く消してやらなくては...

         ↓
         ↓
         ↓
         ↓
         ↓
         ↓
         ↓
         ↓
         ↓
         ↓
         ↓

もっともお手ごろなところでは、日常生活から一歩抜け出す
ために小さな旅行をされるのはいかがですか。
見知らぬ土地を旅する喜びはネガティブな感情をきっと忘れ
させてくれるでしょう。

本当?→2100円で海外旅行する方法!←えーっ、なんか期待しちゃいますよ


海外旅行 韓国 ソウル ホームステイ 留学海外旅行ではい!キムチ!!

見知らぬ土地だけに冒険心がはやり、わくわくした感情が
こみ上げてくることでしょう。


きっとそうした感情こそがココロのデトックスの原動力
なんですよ。



最近はやりの森林を散歩する森林療法もいいですね。
新鮮な空気とフィトンチッドあふれる森林を歩けばココロも
すっきり洗われてデトックス気分ですね。



どこかいい森林浴スポットはないかな?


これから【デトックスで変えようココロ&カラダ】では
そんな”ココロのデトックス”の観点からの情報もしっかり
とりあげていきたいと考えています。




さあ、デトックスライフの一歩を踏み出しましょう!

デトックスで変えようココロ&カラダ】がお伝えしました。

<<有害金属【砒素】はどこに溜まってしまうのか? | デトックスで変えようココロ&カラダトップへ | ポジティブリストによる規制強化に注目>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
[必須入力]
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。