デトックスで変えようココロ&カラダ > 毒素はどこに溜まるか? > 有害金属【鉛】はどこに溜まってしまうのか

毒素はどこに溜まるか?

有害金属【鉛】はどこに溜まってしまうのか

デトックスで変えようココロ&カラダ】管理人の”たけ”です


有害金属はどこに溜まる?

デトックスの対象である有害金属はこんなところに溜まります。


は肝臓に蓄積しやすい。
そして骨にもっとも蓄積されやすいことがあげられます。
飲料水、缶詰、たばこ、排気ガスなどから体内に取り込まれる。
浄水器の機能も確認した方がいい。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
より抜粋引用

強い毒性を持ち、生物の体表や消化器官に対する曝露
(接触、定着)により腹痛・嘔吐・伸筋麻痺・感覚異常症
など様々な中毒症状を起こすほか、血液に作用すると
溶血性貧血・ヘム合成系障害・免疫系の抑制・腎臓への
影響なども引き起こす。遺伝毒性も報告されている。
主に呼吸器系と消化器系から体内に吸収され、骨に
最も多く定着する。
毒性の生物学的な半減期は10年とされる。

西洋占星術や錬金術などの神秘主義哲学では、土星を象徴
するが、これは(錆を生じて)黒く重い鉛が、 肉眼で確認
できる惑星のなかで、最も暗く動きの遅い土星と相似して
いると考えられた為である。また、魂の牢獄としての肉体
老化、鈍さなども象徴する。

人類の文明とともに広く使われてきた代表的な重金属だが、
今後数十年のうち(21世紀前半)には枯渇してしまうと
いわれている。

用途
比較的錆びやすく、すぐに黒ずむが、腐食が内部に進み
にくい。
また、柔らかく加工しやすいので、古代から広く利用された。
なかでも古代ローマでの鉛製の水道管は有名である。
また、銃の進歩とともに銃弾としての用途が開けた。
日本でも水道管には1970年代まで、各家庭への引き込み管に
鉛製水道管が広く使われていた。

金属の中では比較的比重が重いので、様々な釣りなどの
おもり(シンカー)としても親しまれている。

また、放射線を遮蔽する性質があるため、放射線遮蔽材など
にも使われている。(例:戦車の内壁)

それに対して、大きな難点は強い毒性である。かつて鉛は
「灰吹き法」など、金・銀・銅などを精錬するための媒介と
しても盛んに利用されたが、鉱毒問題の主要な原因になった。
先述の古代ローマでも、貴族たちが鉛製のコップでワインを
飲むのを好んだため、鉛の毒による死者が続出したという。
これはワインの酸化から生じる酢酸が、空気中の酸素による
鉛の酸化を助け、そのとき生じる鉛イオンが味蕾を刺激し
鋭い甘みを与えるからであった。おもりについても、近年
鉛に代わる素材としてタングステンなどの素材の導入が進め
られている。しかし、加工のしやすさやコストの面から、
未だに鉛の需要は根強い。

他に鉛害問題の対策として、次のような例がある。

鉛と錫(すず)との合金としてはんだがあり、低融点などの
利点を持つため、古くから金属同士の接合に多用されてきた。
電気回路の組み立てなどにもはんだは多用されてきたが、
近年では鉛を含まない「鉛フリーはんだ」に置き換えられ
つつある。
ガソリンのオクタン価を高めるためや吸排気バルブと周辺部品
の保護に四エチル鉛((C2H5)4Pb)が添加されていたが、排気中に
鉛が含まれてしまうことから汚染源となって問題視された。
現在では鉛を含まない添加剤によるオクタン価向上策が選択
されるようになり、日本など先進諸国では法的規制により
有鉛ガソリンは使われなくなった。しかし社団法人 日本
自動車工業会による2002年12月19日発表のニュースリリース
によると、およそ50カ国で有鉛ガソリンの使用が認められて
おり、今なお有鉛ガソリンの問題は終結していない。
また、航空機のレシプロエンジンにも有鉛ガソリンが多用
されている。
鉛は、狩猟やクレー射撃に使われる散弾(多数の小さな金属粒
を飛ばすタイプの銃に使われる銃弾。単体の金属弾である
ライフル弾やスラッグ弾と比べると、威力は劣るが、高い
命中精度を要求されないという利点がある)にも使われてきた。
しかし鉛散弾は環境中に鉛の粒をばらまくものであり、
土壌汚染を引きこしたり(クレー射撃の場合)、鉛散弾を
打ち込まれて死んだ上で放置された動物や鳥の死体を食べた
鳥獣が鉛中毒を引き起こすなどしたため(狩猟の場合)、
威力は劣るが汚染の少ない鉄散弾への切り替えが進められ
ている。
鉛製水道管については、2005年7月時点の厚生労働省調査で
約547万世帯に残っているが、本管から分かれた引き込み管に
ついては、水道メーターを除き個人の所有とされていること
から交換費用は自己負担となり、交換は進んでいない。
欧州連合(EU)では、RoHS指令により、2006年7月1日以降、
高温溶融はんだなどの例外を除き、電気・電子製品への鉛の
使用が原則として禁止される。このため、日本のメーカーでも
鉛を含有しない部材の使用を原則としつつある。
中国やインド、韓国などで製造されている安価な鋳造の
ペンダント、メダル、バッジ、ネックレスなどのアクセサリー
には、加工性をよくする目的で金属に高濃度で鉛を配合して
いる場合があり、子どもが誤飲することなどによって、健康
被害が起こる可能性が指摘されている。



おいしっくす入ってくる毒素を
減らしましょう
安全な食べ物を


お子さまのおもちゃなどもう一度身の回りを点検しましょう。

安全と水がタダで手に入る時代はもうおわりました。

さあ、デトックスライフの一歩を踏み出しましょう!

デトックスで変えようココロ&カラダ】】がお伝えしました。

<<天然のデトックス機能 汗をかこう | デトックスで変えようココロ&カラダトップへ | 和のデトックス〜わさびは効きます!ツーン〜>>

この記事へのコメント

  • たけです
  • 2006年06月12日 08:22
  • 栗鼠とかいてリスと読むのゆかさん

    コメントありがとうございます。
    せっかくのコメント文字化けしてしまっています。
    よろしかったらもう一度お立ち寄りくださいね。

コメントを書く

お名前
[必須入力]
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック

  • PRTR制度とは?
  • PRTR制度の内容を説明。環境問題のRoHS指令の対応サイトです。
  • 2006-07-28 01:35
  • RoHS 規制物質の対応実例ならここ!
  • RoHS指令:対応方法(加工屋)
  • 環境問題の対応についての紹介です。その中でもRoHS指令の対応方法を紹介しています。
  • 2006-08-03 23:20
  • RoHS 規制物質の対応実例ならここ!
  • RoHS指令に対応できます!
  • 中国版RoHS指令も含め大分析。規格や閾値に振り回されない法を実装するサイト。
  • 2006-08-24 22:16
  • RoHS指令に対応できます!
  • 中国版RoHS指令の最新動向
  • 中国版RoHS指令の最新動向 について語っています。環境問題について解説です。規格や閾値に振り回されない法を実装するサイト。
  • 2006-08-29 23:15
  • RoHS指令に対応できます!
  • 中国版RoHS指令の最新動向
  • 中国版RoHS指令について語っています。EU環境問題の対策サイトです。
  • 2006-09-25 22:48
  • RoHS指令をやさしく解説
  • RoHS指令の閾値
  • RoHS指令の閾値について語っています。EU環境問題の対策サイトです。
  • 2006-09-30 12:42
  • RoHS指令をやさしく解説
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。